バストアップをする方法

全般

バストアップすることで胸が大きく見えたり胸の筋肉を引き締めることが出来ます。バストアップしないと胸の乳離れに繋がったり、小さく見えてしまう人もいます。具体的にどうすればバストアップ出来るのか説明します。

ナイトブラを使用する

ナイトブラは寝ている間にバストアップを行うケアをすることが出来ます。普段しているブラは夜に使用しても効果がないものが多く、バストがずれたりしてしまいます。ナイトブラを使うことで寝ている間にもバストの筋肉が動かず、固定してくれる役割をします。使用感は息苦しくなく、締め付けないところがおすすめです。

バストをマッサージする

バストをマッサージすることでバストアップすることが不可能ではありません。マッサージするところはバストの中でも決まっており、特に乳首の周りのリンパをほぐすような感覚でマッサージします。乳首の周りとは具体的にどこかというと、バストが垂れ下がったり筋肉がついているバストの肌です。本来リンパは体の健康を作ったり免疫力を維持する効果を持ちます。バストではリンパでも同じ働きをし、リンパの働きが悪いと体に老廃物が溜まりやすくなります。溜まっているとバストに繋がる成分が足りず、バストが大きくならなくなってしまいます。リンパをマッサージすると正常な働きに戻り、栄養を届けやすくなります。

昼間はカップのついているブラジャーをする

人によってはバストが小さい人、あるいはバストの周りには筋肉がついているのにバストが小さくてブラをつけない人もいます。ブラ自体バストをきちんと支える役割があります。スポーツブラやカップがないブラもいいですが、カップがあるブラの方がバストが垂れずにずっと体でいつまでもバストを支えてくれます。バストが一度垂れてしまうと、垂れないようにすることは難しいです。ワイヤーがあるとブラをさらに固定する役割をします。バストが小さいからブラをつけないようにするのではなく、胸が小さいからこそきちんとしたブラを昼間つけるとバストアップを目指すことが出来ます。昼間はナイトブラと同じくブラをつけるなら、バストアップを目指せる専用ブラをおすすめします。

まとめ

サプリを摂取してバストを大きくする方法もありますが、人によってはサプリを飲めない人、あるいはサプリが苦手な人もいると思います。今回のバストアップの方法は、比較的に誰でも出来るケア方法を紹介しました。バストが小さいのは1つは胸の周りに筋肉がついてしまい、胸には筋肉がついていない人もいます。女性の体にバランスよく栄養行き届かなかったり、女性ホルモンが足りないという理由もあります。女性ホルモンを高めるにはサプリからではなく、食べ物から摂取する方法もあります。食べ物を具体的に説明すると、豆腐や納豆、豆乳です。特に豆類や乳製品がいいです。豆腐は醤油をつけても食べられるし、味噌汁にすると美味しく食べることも出来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました