就寝時にナイトブラをつけるメリット

全般

女性の必需品といっても過言ではないブラジャーというアイテムですが、日中は着用しているけれど就寝時にはつけていないという方も少ないかと思います。なんとなく苦しくてリラックスできないし、夏場などは暑さを感じるので嫌といった理由もあるでしょう。
しかし就寝時にブラジャーをつけるということには、様々なメリットが期待できるのです。

就寝時のブラジャーは胸の形を整えてくれる

就寝時ブラジャーをつける最大のメリットは胸の形を安定させ、整えてくれるという点です。
実は横になっている状態というのは胸にかなりの負担がかかっている状態であるといえます。立っているときは基本的に下方向にのみ重力がかかっていますが、横になっている場合には広範囲に重力がかかるため、脇などに流れていってしまうのです。毎日胸が流れていくのを繰り返していくと、バストの形の崩れの原因にもなってしまうでしょう。
また、何もつけずに寝返りを打つことで胸が右へ左へと動いてしまい、クーパー靭帯に負担がかかってしまうというデメリットもあります。クーパー靭帯がダメージを受けると下垂の原因となり、これまた胸の形が崩れることに繋がってしまいます。
就寝時にもブラジャーをして胸の形を安定させておくことは、日中のバストを守るためにも大切であるといえるのです。

昼用のブラジャーではなくナイトブラがおすすめな理由

就寝時にブラジャーをつける際にはナイトブラがおすすめです。
ナイトブラと日中着用するブラジャーの違いはそのサポート力にあります。日中使っているブラジャーというのは主に下から上に持ち上げる、寄せてあげるような性質のものが多いですが、ナイトブラは胸全体を包み込んでくれるものが多くなっています。これは日中は立っている、あるいは座っている状態であることが多いため下への重力に対抗するためにあえて持ち上げるような形になっているのですが、眠っているときというのは全方向に胸が流れていってしまいますから、全体的に包んでホールドしてあげることで流れてしまうのを防ぐことができるのです。
また、ナイトブラは程よい締め付けのものが多く、眠りを妨げづらいというメリットもあります。適度に支えることで寝返りをうつ際などに胸が流れる不快感も減少し、睡眠の質を高めることにも繋がるでしょう。デザインもシンプルなものが多いので、横になった際に装飾が肌に当たるのが気になるといったこともありません。

ナイトブラのメリットを実感するためには徐々に慣らしていくことが大切

ナイトブラは適度な締めつけが魅力的ですが、それでも今までなにもつけずに就寝していた方は違和感を覚えることも多いでしょう。
しかしそこで諦めてやめてしまうとバストの形が崩れるリスクが高まってしまいます。だからといってサイズが大きなものやゆるくなったものを使うという対策も、ホールド効果が弱まってしまうとせっかくのナイトブラの効果が半減してしまうためおすすめできません。
美しい胸の形をキープするためにもはじめのうちは我慢をして、少しずつ慣らしていくようにすると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました